MEMBER PROFILE

2015年 入社

K・N

生産管理/尼崎工場 和歌山生産管理課

―入社のきっかけはなんですか?

 大学時代に法学部で法律を学んでいましたが、将来の仕事に繋がる想像ができず、就職活動で周囲が各々の考えを持ちながら活動を行う中、自分の仕事に対する考えがいまいち掴めませんでした。その中で漠然と「学んでいることを活かす気持ちが持てないなら、新しい事にイチからチャレンジしたい」と考える様になり、「挑戦」のイメージから、職種を製造業に絞って行くうちに、大阪富士工業に辿りつきました。
 説明会や面接の際に本社周辺でスタッフの方や現場作業員に元気な声で「ご安全に!」とあいさつされる事が多々あり、明るい雰囲気を感じ取ることができました。私自身の勝手なイメージですが、仕事とは目標に向かって協力し合いながら進めていくのが理想であると思っていたので、周囲と協力しながら目標に向けて努力するビジョンが浮かび、入社を決めました。

―ご自身はどのような新入社員でしたか?

 振り返ってみると目前の仕事を必死にこなすことで精一杯だったと思います。当然ながら溶接や機械加工の知識がなかったので、事務所や現場からの指示を周囲に聞き回って対応していました。スタッフというよりは現場作業員に近いポジションで業務を行っていた為に作業の補助や清掃、草刈りなど、自分でできることならなんでもやってみる新入社員みたいなイメージだったと思います。

―今の仕事の内容とやりがいを教えてください

 入社当時と所属部所は変わりませんが、業務内容は少しずつ変化してきています。入社当時は主に清掃や改善を自ら率先して作業を行っていたのに対して、現在では作業者主体で改善等を行ってもらい私自身は管理をしています。
 他には主な仕事内容として納期に向けて生産性の管理と作業者の安全の管理、商品の品質管理をしています。特に生産性の管理では、他の業者との連携やコスト管理など責任感を大きく感じることができる業務を担当しています。
 和歌山工場は10年前にできたばかりで、他の工場と比較しても少人数での運用を行っています。そのため、様々な仕事内容を経験できることが責任感とやりがいにつながると感じています。生産工程の管理ではただ納期に間に合わせるのみではなく、いかに効率良く進めるかを考えて提案し、良ければ実践で試す機会に恵まれています。自分が主体になって考えて指示する事は責任感も大きく、不安になることも多々ありますが、チャレンジしやすい環境の下、自由に考えながら行動できることがやりがいになっています。

―これまで、一番印象に残っている仕事を教えてください

 作業者の安全や効率向上に向けて様々な改善を和歌山工場では行っています。その内容を毎月の会議で報告していますが、改善報告を始めて間もない頃に作業員の方から「工場の事を色々考えてくれていることが伝わってきた、ありがとう」とお礼を言われた時に、自分の仕事や態度を周囲で見てくれている人がいると感じることができて、とても嬉しかった印象があります。仕事に余裕がなく、自分で精一杯になることも多々ありますが、その一言を思い出して周囲も考慮した行動ができるよう心がけるきっかけになっています。

―将来の夢はなんですか?

 目前の納期や品質などだけではなく、大きな視野で物事を見据える人間になりたいと感じています。今はまだ小さい工場ですが、将来は増設を行って規模の拡大と共に鉄鋼以外の分野の業種にもチャレンジできるような前衛的な工場をリードできる人間になりたいです。

―休日は何をして過ごしていますか?

 休日は基本的に大勢でアウトドアな時間を過ごす方が多いです。車で遠いところにドライブや旅行に行ったり、趣味のバンド活動を定期的に楽しんだりと、友人たちとワイワイしている時間がほとんどです。また、会社の同僚や先輩社員とも定期的に飲み会を開催するので、それも楽しみの一つになっています。

―就活生へメッセージ(アドバイス)をお願いします。

 チャレンジ精神を持ち続けて欲しいです。仕事をする上でこれまで自分の知らなかった事や何か新しい事に挑戦できる機会がたくさん訪れますが、その時に「一度は試してしてみよう」と言えるような方と私は一緒に仕事がしたいです。現状に満足するのではなく互いに意見を出し合い、常に向上する意識を忘れない前向きな姿勢で挑むことができる会社にしていきたいと私は思っています。

先輩社員紹介の一覧を見る